毛穴タイプ別ケア

毛穴トラブルにはいろんなタイプがあります。

タイプを把握してからでないと、しっかりとした対策を立てられません。

黒ずみ毛穴・開き毛穴・目詰まり毛穴・たるみ毛穴など、タイプ別の毛穴ケア対策の紹介です。

黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴とは、目詰まり毛穴がさらに悪化したもので、詰まった角栓に汚れがくっついて、酸化が進んだタイプです。

毛穴の状態は、目詰まり毛穴で詰まっていた角栓が、ケアをせずにいたことで、酸化して黒ずんでしまった状態です。

また、間違ったお手入れや紫外線の影響で、色素沈着を起こして毛穴のまわりがシミとなっていることもあります。

お手入れは、基本的には目詰まりケアと同じく皮脂を抑えることが大切です。

しかし、色素沈着を起こしている場合は、合わせて美白ケアのコスメを使用するとよいでしょう。

たるみ毛穴

たるみ毛穴とは、年齢を重ねるることで、肌がたるみ、それによって生じる毛穴で、特に鼻や鼻側の頬から生じます。

毛穴の状態は、加齢によって毛穴の周囲の皮膚が衰えて、毛穴に落ち込んでいくことによって目立ってしまう状態です。

お手入れ方法は、今まで挙げたタイプとは性質の違う毛穴で、このタイプは年齢によって起こるものなので、大切なのはアンチエイジング対策コスメを使うこと。

また、角質を整えるピーリングやコラーゲンなどが豊富に含まれた美容液もおすすめです。

開き毛穴

開き毛穴とは、10代の頃にニキビに悩まされた人に多いタイプで、皮脂分泌が盛んなTゾーンだけでなく、頬全体も毛穴が目立つタイプで、肌質はとてもオイリーです。

毛穴の状態は、キメが乱れて毛穴が目立っている状態です。

皮脂分泌が過剰に起こることで毛穴がふくらみ、合わせて、毛穴のまわりの皮膚が衰えていると、過剰に皮脂が分泌されてふくらんだ毛穴の圧力に耐えられずに、毛穴周囲の皮膚が毛穴のほうへ引き込まれてしまうため、より一層毛穴が目立ってしまっています。

お手入れ方法は、まず大切なのは、皮脂を抑えることです。

正しい洗顔方法で余分な皮脂を取り除き、それでも取りきれない皮脂や汚れはパックで取り除くことが大切です。

また、古い角質などが毛穴に入らないようにするピーリングもよいでしょう。

目詰まり毛穴

目詰まり毛穴とは、毛穴の中にプツプツと白い皮脂のようなものが見える状態です。

このタイプは、開き毛穴よりもさらに毛穴が目立ちます。

皮脂と一緒に古い角質やうぶ毛なども混ざっている状態です。

毛穴の状態は、皮脂分泌が盛んなことにより、角栓が詰まった状態です。

毛穴が開いたままで、ケアを怠っているとこの状態になりやすいので要注意。

お手入れ方法は、基本的には、開き毛穴と同じお手入れでよいですが、このタイプは特に白い皮脂のような角栓が目立つので、角栓取りパックがおすすめです。


このページの先頭へ